プロセスセンターのための【食肉加工機解体新書】 » 食肉加工機のメーカー・販売店リスト » 東亜交易

東亜交易

目次
東亜交易の公式HPキャプチャ

引用元:東亜交易 (https://toa-koeki.co.jp/)

自社に合った食肉加工機をお探しの方のために、当サイトが食肉加工機のメーカー・販売店をくまなくチェック。

ここでは、東京都杉並区荻窪を拠点に世界の食品加工機械メーカーの輸入を行っている東亜交易について、扱う機器や企業としての特色などをご紹介します。

東亜交易が扱うスライサー

アメリカ・Formax(フォーマックス)
社のSX330

東亜交易【フォーマックス スライサー SX330】

引用元:東亜交易【フォーマックス スライサー SX330】
(https://toa-koeki.co.jp/product/product-644)

アメリカの中・大規模処理用スライサーで数多くの導入実績を持つフォーマックスが、小・中規模処理用として開発したスライサーです。

高い生産能力、多様性と衛生面を兼ね備えたコンパクトタイプ。シンプルなブックススタイルグリッパーは、どんな原料形状にも対応します。

原料投入ではマニュアルorオートマチックタイプを選択可能。標準スタイル以外にも、ニーズに合わせた設計ができます。

東亜交易が扱うミートグラインダー(チョッパー)

アメリカ・Weiler(ワイラー)社
グラインダー

東亜交易【ワイラー グラインダー 878型 】

引用元:東亜交易【ワイラー グラインダー 878型】
(https://toa-koeki.co.jp/product/878)

グラインダーの専門メーカーであるワイラー社によるグラインダー(ミートチョッパー)です。

プレート直径150mmの6インチタイプ(小型)と、220mmの8-5/8インチの中型タイプ、8-5/8インチのプレートと6インチ径のフィードスクリューを採用した中型機、11インチ(280mm)の大口径プレートと7インチのフィードスクリューを採用した大型タイプなど豊富なラインナップが特徴です。

『FOOMA JAPAN 2023』への出展状況

出展あり

※FOOMA JAPANとは

FOOMA JAPANとは食品機械や食品製造の最新テクノロジーに関する情報交換ができる総合展示場です。
食品製造関連の最新技術や製品が展示されているので、業界を問わずさまざまな方にとって貴重な情報やビジネスチャンスを得られるでしょう。

東亜交易はどんな会社か

世界の有数メーカーの機器を販売

ハンバーグやナゲットの成型機を数多く販売するフォーマックス社、頑丈・堅牢性なミートグラインダー(チョッパー)を販売するワイラー社のほか、セパレーター(骨肉分離機)メーカーのビーハイブ社など、多様なブランドの製品を販売。

スイス ホエガー社のミートプレス成型機、ドイツ マーヤ社のスキンナー(皮剥き・脂削ぎ・薄膜取機)及びスライサー、米国 ベッチャー社のトリマーなども多数ラインナップしています。

幅広い食品加工機に対応

1968年8月の創業以来、一貫して食品加工機械の輸入・販売を行い、世界有数の食品加工機械メーカーの機器を国内市場へ紹介してきた商社です。

食肉加工機の他にも、魚体処理機や水産品用成形機などの水産加工機械、パン粉付機バターリングマシンなどの食品調理・加工機械、豆腐用機械、厨房機械、コンベアなどの搬送・輸送機器、食品関連機器・装置など、食品加工に関する機器を幅広く販売しています。

食肉加工機の選び方まとめ

東亜交易の概要

所在地 東京都杉並区荻窪4-29-10
中田第2ビル
電話番号 03-3220-2411
公式サイト
URL
https://toa-koeki.co.jp/